シオG現わる(境目?)

このエントリーをはてなブックマークに追加

シオG現わる【現実とファンタジーの境目】

 

すごく落ち込んだ日のことです。

家の電話をかけていた時に、フト目を向けた先に

ビニールでカバーされた冊子があって、そこに光が当たって

「ギョ!!シオGだ!!」と、思えた瞬間がありましたした。

 

よく見ると光の反射のかげんでした。

こういうことってありませんか?

 

こんなちょっとしたことで、ファンタジーモードになりまして、

「シオGがあちらの世界から励ましに来てくれたのかも?!」

と思えたことで元気になれました。

 

ファンタジーの力。

 

あちらとこちらの世界の境目を一瞬垣間見た気も

しました。

 

別パターンとして‘鳥の羽根’で「天使」を連想する・・というのもあります。

 

☆なお、「シオG」というのは、勝手に造語を作っています。

神話の`塩土の翁’を意識しています。

20210926_173701

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です