タイガー立石展でつぶやく

タイガー立石展を観ました。

高松市美術館、11月3日まで。(月曜休館)

 

懐かしくなったのは、昭和の匂いがプンプンしたことと、

筑豊生まれのタイガーさんが新しい息吹を吸い込みながら描きまくっていた

雰囲気が伝わってきたのと、ネオン管。

私事ですが、名古屋の街はネオンサインがキラキラして、それが増えて

発展していく様子がオーバーラップしました。’栄‘町の河合オルガン教室

のネオン看板は大好きでした。(経済成長期という雰囲気・・)そんな頃に

彼は商業美術界で大活躍されていて、知らない間にその息吹も吸っていたのかも?

と展示作品を見ていて思いました。

 

タイガーさんのエッセンス?ニャロメやレレレのおじさんの元の絵?というのもあって、

同時代のヴィジュアルエンタメ界の赤塚さんや横尾さんの匂いも感じられました。

未来派の手法・・✈✈✈✈✈連ねる事によって時間の流れを表現している絵も

面白いです。完全にくっついちゃって形が長細くなった飛行機とか。。

いろんな角度から観察して描画できることで引っ張りだこだったタイガーさんは、

有名になりたくないと言ってミラノに行ってしまい、日本に戻ってまた仕事が

増えると田舎に引っ込む。。自由人だったようです。

 

今の画学生の人が彼から学ぶところは大きいな・・とも思いました。

求められる絵が描けること+提案することの能力+ハットさせる力?

一人で5人分くらい働いて絵の力をふんだんに使っていた?のかもしれません。

 

言葉を連ねても伝わらないものを補うための絵の力というのもありますし、

表現したくてしたくてというパッション。こういう力を尊重する社会に

なっていくといいな~と思います。

 

刺激を受けて、今日も小さな表現を試みてみました☆☆☆(^^;

あんまり伝わらない気もしますが・・トホホです。(TT(TT(TT

 

撮影許可されていた作品をアップしますね。

20211014_111919

 

☆作家の顔+作品のパーツの組合せの立体表現が

何点かありました。

 

☆タイガーさんが、ネオン管屋さんにいた経験と、

富士山好き?作品。合体物が作れるなんていいな~(‘ ’

20211014_103001

シオG現わる(境目?)

シオG現わる【現実とファンタジーの境目】

 

すごく落ち込んだ日のことです。

家の電話をかけていた時に、フト目を向けた先に

ビニールでカバーされた冊子があって、そこに光が当たって

「ギョ!!シオGだ!!」と、思えた瞬間がありましたした。

 

よく見ると光の反射のかげんでした。

こういうことってありませんか?

 

こんなちょっとしたことで、ファンタジーモードになりまして、

「シオGがあちらの世界から励ましに来てくれたのかも?!」

と思えたことで元気になれました。

 

ファンタジーの力。

 

あちらとこちらの世界の境目を一瞬垣間見た気も

しました。

 

別パターンとして‘鳥の羽根’で「天使」を連想する・・というのもあります。

 

☆なお、「シオG」というのは、勝手に造語を作っています。

神話の`塩土の翁’を意識しています。

20210926_173701

富士山と天使の絵

Cさんのご依頼で、「富士山と天使」の絵を描かせていただきました。

 

この5~6月(2021)、集中して富士山の事を考えて、、いやいや、、ホームページ

の不具合にも対応出来ていない・・という不安材料もありつつ、それは置いといて、

集中して富士山の写真を見たり、下絵を描いたり、Cさんに複数のメールをさせて

いただいたりしていました。

 

Cさんのご希望で、完成作品のアップは不可で、内容を繰り返し描くのはOKとの

ことですので、ちょっとしたエピソードなどをメモ的に残したいと思います。

 

以前から、「ユキノヤマー着地する天使」というユキーノシートの絵

を、ご縁のある方々に持っていただいていますが、ユキーノシートの絵の中では、

ダントツに変化が起きる?または、たまたま変化の時にご注文してくださる?

という不思議な天使絵で。。。皆さん、こんな事が起きました!と、報告してくださる

率も高いのです。

ま~、絵そのものがそういう効果があるとすれば興味深いことだな~・・と、

本当のところは謎のままですが。(^^

 

で、今回、こんな事がありました。

Cさんのお好きな色で、バックを塗った後、中央の目立つ部分にムラを発見

しました。

気になってちょっと直そう・・・と小筆で触っていてら、やけに気になる大きな

ムラになってしまったのです。

小さい画面なら、ほおって置くところですが、これはもう( ^ω^;)・・・

今回は4つ切り画用紙サイズの大きい画面なので、刷毛でサーーっとやるしかない感じ

です。。1日また、見つめながら様子を見ることにしました。

すると、だんだん人の顔に見えてくるのです。「ややや!これは、もしかして、富士山の神様?」

(天使は、木の花さくや姫のイメージで描きました。大山づみの神はお父さんの神様・・

富士浅間神社の主祭神は、浅間の大神・・)さてさて、イメージを膨らませていいものか?

・・・・または、見た目がいいように、大きな刷毛でひと塗りか?

 

Cさんに説明して、ご相談してみますと「そのままそっとしておいてください」とのことでした。

そうですよね・・それならCさんが絵を見られるたびに想像することができますよね・・と、

一件落着。仕上げをしてお送りすることができました。(途中の段階で、数枚のラフの写真や、

途中経過の写真をお送りして、やっと本描きの額入りをお送り出来ました)

 

20210719fuji-tenshiA - 19pa~blog

 

 

 

 

その後、こうして落書きしながら余韻を楽しんでいます( ^ω^)・・・

この写真は2019・9月に行った山中湖村からのものです。

富士山の神様に日本の安寧をお祈りしつつ、この文章を読んで下るあなたの幸運も

重ねてお祈りしたいと思います。

 

どうか良い夏をお過ごし下さい❣_(^^ /✿

 

 

ホームページの更新がなかなか進まない

ホームページの更新がなかなか進まないのはどうしてなんだろう?

ここ3ヶ月程の私の中の‘つまり’の1つです(++;

 

新規のアート教室の生徒さんママからの連絡が滞った事もあり、

メーラーがおかしい?

とか、気になりだしたらドンドン不具合が見つかって、

J社に聞いてみると、

最近の傾向として、g-グルと、Мソフトの競争で、

ネット空間がドンドン進化しているため、古くなった

ソフトがついていけなくて不具合を起こすという感じらしいのです。

 

さて、どうするか?

そういう競争に巻き込まれないといけないのか?

新しいソフトを買ってついていく?

ザ、㏋リニューアル(内装工事)・・・・

 

それをやるにしても、自分のパソコンから、ブログ空間の

wardーpressに入れないという事態も起こってしまいました(@@;

 

今こうして、ここに文章を書ていられるのは、やっと、入る方法が

見つかったからですが。。。

これを機会にもう一つのサイト「おきよめの森の中」という、

地球と自然とシオGに絡めた作品販売サイトの方も、リニューアル。

2021年5月中に、「おえかきや ユキーノアートショップ」になりました。

こちらは、プロ(Ubique-i)にお世話になりました。

 

最近、Ubique-iさんに、上記のモヤモヤを話すと、

「何でツールに振り回されてるの?

人間が楽できるように開発されてるのに!」

でした。

・・・・確かに・・・・・(==;)

 

ところで、この頃の学校現場では、プログラミング教育が始まったり、

政府がITを推し進めたりしていますが、それは人を豊かにするもの

なのでしょうか?こうしてPC作業をしていて恩恵も受けているし、

コロナの中コミュニケーションもスマホで出来たりして、助かっていますので、

感謝感謝なのですが。。

コンピュータは戦争を機に発達して来た複雑なツール。

階層やHTМLを覚えて行って、自由に仮想空間を行き来出来たら・・

という、そのための勉強なのでしょうが、この先、心より頭が優先の

ハッカーとか、大勢出てこないための別の豊かさも必要な気もするのですが。。

ついていくのに息切れしている言い訳でしょうか?

 

あ、話が戻りますが、‘‘どうやってward-pressを回復できたのか?’’ですが、

なんと、g-グルのキャッシュを削除‼(閲覧履歴を全消去したのと、サーチを

履歴からのURLで打ち込まなかった)

それだけでした(ーー;

g-グルさんの親切な手出しを一回‘一掃したっ’ていう感じになりました。

それで上手く行くって、お節介には気を付けてっていうことでしょうか?

いやいや時短になって助かっている人もいるでしょうし‥。

 

車の運転でも、機械の操作でも上手な方が人の役に立てる。

シンプルな事。

それでいいのかもしれませんね(^^☆

 

ワタシは、そのどちらも下手ですが、「何とか、何とか、

自分のパソコンの守備範囲内のツールを動かす!」をやっています。

不確かな情報で、ご迷惑をおかけしている方には大変申し訳ありません!

もう少しお待ちください。m(_ _)m

宜しくお願い致します。

❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁❁

 

 

 

 

焦った夢のこと

【焦った夢のこと】

88ステージで「ユキーノアート教室」として土曜日の子供達や、時々大人の方と

一緒にお絵描きして8年。

最近みた夢は、その準備がしていなくて、教室もごちゃごちゃで、(実際の場所ではない)

目の前にお母さん達が「絵を習ってみたいです(^-^)」と座っておられるのに、自分が何を

していいのかわからない!!

これは、とっても怖い状況で、焦っていると小学生で長く絵を習ってくれている女の子が

「片付けを手伝います!」と動いてくれて、ハッと我に帰った夢でした。

 

教室の場所が、「山下電設」になりまして、看板もチョークで描かせて頂きました。

とってもきれいなお部屋です。88も物がないスペースですし、、ワタシの頭の中が

ごちゃごちゃなのか?あの夢は、なんだったんでしょう?

焦った焦った💦と思っていたら、高校受験でデザイン科を受けた女の子が合格しました。

 

ホットしました。

 

さあ、改めて準備準備。次の土曜日の予約は?と、来てくれるお子さんを思い浮かべて、

一緒に何を描くか考えます。当日、描きたいものがあるお子さんはそちらを優先します。

一緒に描く時間の共有。先生というよりは「おえかきやさん」だな~って思います、、

他にやっていることは、木工品を作ったっり、こうしてホームページを悪戦苦闘して作っ

たり、イラストを描いたり、「おえかきやさん」としてなんとかやっています((^-^))

 

あなたに素敵な出来事が沢山ありますように✨。・;:。*。、・;*

2021年1月のユキーノアート教室

2021年1月のユキーノアート教室は、

23日、24日、30日、31日の

土日土日となります。

場所は、香川県綾歌郡栗熊町の

山下電設です。

(坂出からアイレックスに行く直線道の

山下焼肉店斜め前、p5台あります)

 

予約制、1時間1500円。

初めのうちは手ぶらでどうぞ。(^^★

 

新たな気持ちで、スタートしたいと思います。

みんなの田んぼ・ガーデンあやがわ

「みんなの田んぼ・ガーデンあやがわ」の看板を描かせていただき、

11月20日~のオープンイベントで、イチジクの木を植えてきました。

 

主催の池添助産院の池添紀美代先生は、300人近い赤ちゃんの誕生に

関わられた方です。

リタイアされて、これからは「ガーデン」作りをみんなで一緒に!!

というお考えのようです。

 

植えたイチジクの苗をジーーっと見られて、「この苗はよく育つわよ。実が実りたくて

しょうがないっていう感じでしょう・・^^」と言われました。

 

あ、出産と育児★植物の成長、、、感覚で何かを受け取られてる!!

って思いました。

 

そんな池添先生と、これから先も、農作業体験などを通して

ご一緒出来るような機会が、何かとあると思いますので、

どうか、足を運ばれてみて下さいね(^^❁

 

https://tanbo0324.wixsite.com/mysite

20201127_201201

カタカムナ文字の「リ」と「ワ」について

カタカムナ文字の「リ」と「ワ」については、前回の「リ」の

続きになりますが、

「ワ」が、時間軸で分離して、元の要素を保ったまま2つに分離している

ようすを言うので、「ナ」と組合わせると「ナリ」となるようです。

 

元の「ワ」については、はち切れそうなくらい「カ」のチカラがつまっていて

膜が出来たと考えるといいようです。細胞分裂しかり。

 

しかし、細胞分裂は、

はち切れそうに成長したところで、次の膜が出来て、また成長していくのを繰り返すけれど、

「リ」は、離れるという意味で、細胞分裂とは違う。。。

人の体もヒフという膜に包まれていているんですよね。

ヒフのあるミ。。潜象界から出て来て時間のある‘‘こちらの世界‘‘に来て(時間軸に小丸)

身ができる。。ヒフミ(123)、ヨイ(45)。

「イ」は、場所軸に小丸。ムナヤコト(678910)で、次の回転へ。

人も毎年毎年、進化していると思いたいですね!

カタカムナのワ

カタカムナのワ

 

 

 

 

 

 

 

「リーン」虫の音色が聞こえてきます。

「リ」について考え始めたのは、この音色がきっかけでしたが、

稲刈りの時期になり、そろそろ「リーン」の響きも少なくなってきました。

 

響きこそが、カタカムナ人のコミュニケーション能力の源。

(自然とも繋がる事ができるツール)

文字の意味や形は後付けされたとかで、ウタイを響かせることの方が

重要のようです。自然の力をカタカムナのウタイ(ウタヒ)で引き出していけたら、

地球の浄化にも繋がるのでは?

 

::::::::❁::::::::❁::::::::❁::::::::❁

 

 

夏の終わりとカタカムナ

夏の終わり・・・本当に暑い暑い夏でした。

コロナや、熱中症対策で、大変な思いをされた方も多かったのでは?

香川県でも、38度越えの日々が続いていました。

ワタシは、ある土曜日に熱中症になりかかって、お絵描き教室に午前中

行けなかったことがありました。(設定を間違えてエアコンが夜中に切れていた為)

身体のコントロールが効かなくなるのは、本当に怖いな❕・・と思いました。。

 

9月に入り、やっと一息つける気温になってきたこの頃ですが、

虫の声を聴いていたら、「カタカムナ人や縄文人もこんな風に虫の声を

聞いていたんだろうな~・・」とフト思えてきました。

「り~~~~ん」「り~~~~ん「り~~~~ん」

「リ」って、絶対に響きですよね。。文字としての「リ」というより、

響きとしての「リ!!!」

「何を言ってるの?」と思われるかもしれませんが、

カタカムナ人が使っていたであろう文字が解明されつつあって、学術的な

モノではないけれど、感覚的にわかる人には解る。。物理現象をも含む伝達の

方法らしいのです。数年前から気になっていたのを、ここ1年ほど本を読むのも

止めていたのですが、虫の声を聴いていたら「あ!」と、、、、

来たものがありました。

 

「もしかして虫とも話せる?」「虫語?」

 

「リ」・・・カタカムナ文字では、○の中に縦棒2本。

それを、中央で、びりっと破いて、中心のところで、横棒2本

が入る「ゥイ」の文字を意識してみると、、、

あ、もしかして、響きの通り道を表してない?

とひらめきました。

カタカムナ文字の「リ」

カタカムナ文字の「リ」

 

 

 

 

 

 

 

「ウ」・・・○の上に小丸がついた字。

「イ」・・・○の左側に小丸がついた字。

 

「ゥイ」・・・唇をとがらせて上の「ウ」の小丸を取りに行って、

次にイ~~っと言って、左側に小丸を届ける気持ちで発音すると、

文字の形が○の中に縦棒2本と、横棒2本の通路に見えます。

 

オイリュトミーを習ったことがありますが、発音する時の’のど’の

形を体で表現するというものでしたが、「ウ」の形が「両手を上に平行に上げる!」

だったのです。手で、上にあるものを取りに行く!!みたいな感じです。

 

見えないものを表現するって、何だか共通の形がありそうです。。。

(’ ´ )。o ○ 0 ○

 

推測ばかりで確かな情報とは言えませんが、読んで下さってありがとうございますm(_ _)m

 

 

 

7月の終わりに思う事

【7月の終わりに思うこと】

毎年、7月が1年の区切りのように思うようになりました。

マヤ歴の区切りが7月25日なので、「今年はどんな年になるのかな~?」

と、新しいダイアリーを開きます。(ここ10年ほどマヤ歴のコズミックダイアリーを

つけていて、「オッ!!」っと思うことがよくあります。

!!(0。0)!!

1か月を28日で回していくカレンダーで、日本の陰暦と似ています。

月の周期に体が慣れてくるので、女の人はより自然と同調しやすいと聞いたので

やり始めました。(大昔、日本からの流出民俗がマヤ人という説も有ります)

 

「青い月の嵐の年」・・これがこれから1年の雰囲気を表すタイトルのようなもので、

毎年、赤➡白➡青➡黄・・・繰り返します。

で、2020年7月26日~の今年が青。

これらは、「起承転結」の意味を色で表しているので、青い年は何らかの転換の年になると予想できます。

近ごろの雰囲気では、コロナがらみの世の中の転換とか、

安倍さんの退陣とか、教育の変換?・・・など、考えられるでしょうか?

大きく世の中が転換して、

来年の7月25日以降に黄色い結末の年になると、何かしらの答えが出て、一区切り。。。

どんな所に落ち着いていくんでしょうね?

 

ただ待っているだけじゃなくて、「こうなったらいいな~~」って、想像することが

‘‘社会の創造‘‘になったりして。(^^☆ゆきのやまの個人的な妄想意見ですが、‘‘集合意識‘‘の場に溜まった

情報が社会の形成意欲に加担しているのではないかな~・・?と妄想しています)

あなたの意欲が、もしかしたら社会貢献になっていくのかもしれませんよ~~~(^^🌸🌸🌸🌸🌸

 

さて、社会貢献と言えば、とっても小さなことですが、食品トレーの七夕人形を子供たちと作りました。

(小さな地球貢献かな?)

巷では買い物袋の無料配布が終わり、ビニールによる大気汚染や海の汚れから地球を守る方向に

人が動き出しました。(よく買い物袋を忘れて、5円の袋を買ってしまうのですが(–;))

食材トレーの石油系のモノも、有効利用できたらいいですね!

(‘‘モノを活かしきる!‘‘事にあこがれつつなかなかできていませんが・・)

 

「紙人形と、食品トレー」

こんなマッチングをしてみました。。

笹の葉のトレーがあったので、七夕の紙人形の台座に飾り付けとして使ってみました。

店頭のお刺身や魚、刺身こんにゃくなどが乗っている食品のトレーの模様は

色々ありますが、お店から買ってきた刺身など、家でお皿に盛り付けたらポイ!!ですよね。。

(再利用ポストに入れる方も多いかもしれませんね(^^))

 

こんな飾り付けに有効利用してみましたよ(^^

20200722_tanabataA18pa~

ラップのしんと、食品トレーと、お菓子の箱で

作りました。

小4のAの作品です。

 

短冊の部分は、枯れた枝に付箋紙を付けました。

写真撮りして、後から私が、笹をペンで付け足しています(短冊も)

 

☆彡・・・・・☆彡・・・・・☆彡・・・・・☆彡・・・・・☆彡・・・・・☆彡