色の効果 虹色

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回、赤い色の性格について、描きましたら、

友人のМさんが、色々なことがあるけど、それぞれの色が

集まって、虹ができたらいいですね!

と、コメントしてくれました。(fb)

 

本当ですよね~・・・。

長所を活かし合うことで、大きなことが成し得るんでしょうねぇ・・。

 

虹の7色。。。赤、オレンジ、黄色、黄緑、緑、青、紫

もう一色、見えないけれど、赤紫が隠れているといいますね(。^^。)

 

もし8人で、大きな架け橋になって、次の世代になにかをバトンタッチできたら、

なんだかステキですね!

 

もし、一人の人間が8色を使い分けられたら、、色々な人とうまくやっていけるのでしょうか?

 

ゲーテの色彩論では、人間を4つの色に分けますが。。

4色のどのタイプなのかわからないくらいにバランスの取れた人をめざします。

 

普通、大人になっていくと、青いタイプになることが多いようです。

冷静。思慮深い。勤勉。落ち込む。・・というイメージの人。

しかし、青い雰囲気に入り込み過ぎると、一人が好きな人。。人といたくない。。

となり、生きるうえでのバランスが傾いていくようなんです。

なので、友人に同じような青い人がいれば、鏡になり、気を付けようと、

言い合えるし、客観視できるんだそうです。

 

自分の中に、青があるな~・・・でもときには、情熱的になる。。。こんな感じで

バランスをとります。

続きはまた。^^★

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です