嫁ー姑nо2 色の効果

このエントリーをはてなブックマークに追加

色の効果について

まだまだ検証中なのですが、、

1例として、もしよかったらお役立て下さいね!

 

うちのオバーさんは、はきはきしゃべるし、カッとなりやすい・・・

そして、よく動くタイプです。

色で例えると、赤。

怒るとボウボウと火の粉を吹いたよう。

 

個人的には、ニガテナタイプです。

有名人で例えると、、、いい感じでは、スカーレット・オハラ。

はっきりしていてわかりやすい。

でも、周りの人は振り回されそうです。

 

こういう人には、同じように激しいタイプがいいようです。

映画「風と共に去りぬ」の、スカーレットの相手のレッド・バトラーがお似合い

でした。2人とも、ハキハキした強い自信に満ちた口調でした。

 

話を、「嫁ー姑」に戻しますが、、ワタシは、おっとりのグリーンと、好奇心の黄色

を持っています。

なので、赤の姑が苦痛です。

しかし、できうる限り「赤のマネ」をします。

伝える内容はハッキリと。大きな声で。

’よく動くフリと共に!!‘

効果は、少しずつ出てきていると感じておりますが。。。

 

ワタシのことを、「なんちゃできんな!!」と言っていたのが、

やってるフリをしている点(その部分)は、認めてくれているようです(^^v

赤のフリ効果!!・・・効果アリ!ということで。

 

あぁ~・・・・・・でも、疲れますね。

なので、なるべく、台所で、出会わないように気を付けたりして^^;

お小言もうるさいので。。

(声が大きいので、オコゴトでなくて、オオゴトみたいに聞こえます)

「キュウリはもっと細~に切らな、いかんやろ!」

『はいはい、10m離れた人にも聞こえましたぁ!』(心で思いつつ)とか。

この声は、なかなかマネできませんが。^^;

 

まア、元気で暮らしてくれていればよしとします。

 

ところで、あなたは、何色ですか?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です