が と、が

このエントリーをはてなブックマークに追加

が。。と、が。

というのは、蝶々じゃない‘‘蛾’’と、

自我の‘‘我’’についての考察です。

 

すっかり寒くなりましたが、ちょっと前まで、真夏のようでしたね。

 

この夏、ワタシは、香川県から島根県に車で移動しました。

その途中に、真庭サービスエリアでトイレ休憩した時に、

9×10cmくらいの大きなミントグリーン一色の‘‘蛾’’に出会いました。

その羽根の色の美しさにはウットリ。。。けっこう綺麗なトイレの床にジーーっとして

いた光景が、時々思い出されます。あれが飛び立ったら、ミントグリーンの

粉が舞い散るんだろうな~~~とか、想像してみると、

ちょっと勘弁してほしいな(><)とも思います。

蛾は、粉粉を振りまくような質感が生理的に苦手です。。。「飛ばないで!!」となります。

 

もしも、アレが小ぶりのチョウチョなら、綺麗だな~~と、ますます見とれるところ

ですが、、、。

 

で、ここからです。

自我の‘‘が’’と音が同じ。THE‘‘蛾’’!

 

印象に残るモノとの出会いは、‘‘何かに気付くチャンス’’として受け取ってみますと、、

自分の「自我の我」が多いのでは?(我が我がモードになっていないか?)

という反省になります。

 

もしくは、

「人の振り見て我が振り直せ」。。と言いますが、

外見や、少しお話ししていて「きれいだな~」という人がいたとしても、長く話していると、

蛾のように粉粉している人だな(我が我がモードの人?)・・・と感じるとちょっとがっかりします。

 

蝶々は、日本では縁起のいい生き物とされていて、着物の模様にもなってきました。

人気のある昆虫の一つでもあります。

形が似ていても、粉粉な点と、胴体が太い点で、蛾は・・・(もしかして好きな人いますか?)

やっぱり大違い。。。と思うのですが。。。(@@:*

どうでしょうか?

img041

 

自我の「が」と並べて「蛾」について書いてみました。

 

読んでくださってありがとうございますm(_ _)m

昆虫が苦手な方、スミマセン。

 

気温の差が激しいので、どうか風邪をひかれませんように(^^☆彡

ではでは🌸

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です