ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

「おきよめの森の中」ギャラリー&ショップについて

「おきよめの森の中」ギャラりー&ショップについて・・・

元々の「おきよめや」のサイトをリニューアルして、再スタートする事になりました。

 

Rさんファンの皆さん。すみませんが、お付き合いいただけたらと思います。

また、山下由来乃の絵をご覧下さる方には、引き続き感謝感謝!申し上げます。

新たにご覧いただける方、どうぞよろしくお願い致します。

 

トップページにも書きましたが、元々が塩の関係のショップサイトでしたので、

おきよめやと命名。。シオツチノオジ。。塩の女神など、関連付けて描くようになりました。

が、しかしながらこの際、もっと自然現象の在り方に目を向けて不思議に思うことや、

縁起物の絵、ご注文の絵などを描いていきたいと思っております。

 

ワタシが縁起物好きな点は、麻の葉模様の連続性・・おつなぎの麻に着目して、

2013年ごろから神社の事を調べることにはまっていったせいです。

それについては、おいおいレポートさせていただきますね。

その頃からのhp「ユキノヤマの手仕事屋」というショップサイトもありますが、、

こちらは、趣味といったところでしょうか。。仲間うちで麻布で手作りしたりして

楽しみました。

 

日本最大の縁起物、、というか、場所で着目しているのは、富士山なのですが、

昨年の9月に富士浅間神社に行ったので、とっても興味深くなりました。

富士の写真家の海老原勇人さんに写していただけた写真が

いい思い出になりました。

次は、赤富士を描こうかな( ^ω^)・・・

この写真の様に、心が清まる場所にいると想定して描くために、

サイトの名前を「おきよめの森の中」としたのですが・・・ちょっとわかりにくいでしょうか?

http://okiyomeya.jp

20190903_23pa~sengenjinjya

 

 

 

10月22日の虹と「天気の子」

先日、令和1年10月22日に新天皇のお披露目の儀式がありました。

その日は、朝から雨が降り続いていたのが、天皇陛下がお出ましになられた時、

ピタリとやんで、東京の空に大きな虹がかかった情景をTVで見ました。

その後は、また雨。。。

 

同じ日に、富士山の山中湖側に白い虹がかかっていたのを、友人のFBで、

見ました。

珍しい霧の中の虹。。天が、祝福しているように感じられました。

20191029_15pa~fujishironijiB

 

 

 

 

 

 

 

さて、最近、映画「天気の子」を見ました。

東京の天気がずーーーっと雨で、主人公がハレ女の仕事(イベントなどの為に、祈りでハレにする)をしていくお話しです。

彼岸の天の意志が彼女に応えるように感じられる、空の情景が美しい映画でした。。

 

映画の中で、主人公は代償として人柱になって消えて(天の雲の上に行く)しまい、東京のハレが戻ってきますが、もう一人の主人公が彼女を迎えに行って連れ戻したことで、また雨が続いて、とうとう東京の3分の2が水没。。聖書の‘‘神と人の契約’’のお話し(ノアの箱舟)も思い出されます。

 

現実には、先日の台風19号の長野や関東地方の水害(千葉県、福島県も)があったので、頭の中でオーバーラップしてきて、鳥肌が立ってきました。

新海誠監督の予知?(公開は今年7月です)

引き寄せの法則?

警告?

’’天の意志’’が本当にあるように感じられる作品でした。

 

::::::::::::::::台風19号で亡くなられた方々のご冥福と、被害にあわれた方々の

一刻も早い復旧を、お祈りいたします。

 

 

諏訪大社について・・・(((@@

InkedNotes_suwa-hebiwara2019090255pa~a - コピー

諏訪大社については、

以前TVで「御柱祭」の様子を見て、変わったことをされているな~・・という程度の知識しかなかったのですが・・・。

この度、初めて行ってみることができました。

 

まず、JR下諏訪駅のホームで、底辺と高さ1m弱のわらのヘビと、御柱の展示に‘「ただならぬ土地の気配」を感じつつ・・・信州ソバ店へ。

地図に諏訪大社が何社もあるし、、、なぜ?・・・と思いつつ、

ソバ店の方のお勧めで、‘‘上社’’へ行くことになりました。

(上社、下社、春の宮、秋の宮・・のうちの上社へ)

 

諏訪大社は、湖の周りに4か所あって、全部で諏訪大社☆と、後から知りました。

山が御神体で、お社はないとかで、、奈良の三輪神社と似ています。。自然神でしょうか?

 

参拝の後、‘‘御柱’’が祀られているスペースへ。

立看板に、こうありました。

「楡の木である御神懐の更新を祈る。氏子の魂の結集した御柱である。。云々。」

 

更新の為に、7年毎ある‘‘御柱祭’’で死者がたびたび出ても、御神事の伝統が続けられてきた?!

そういう事?!

その信心のパワ~は、なんだかスゴイ物がありますね☆(‘‘*

 

その信仰の対象は、縄文時代から連綿と続く自然神でしょうか?

ここの神様は、タケミナカタの命とありますが・・(出雲の大国主命の子)・・・

それ以前からの縄文。。わら。。ヘビ。。日本の各地に眠る宿神、、自然神、、荒神、、山信仰、、の大元的な感じでしょうか?

4つの柱を立てる風習もあるようです。(4つの場所に諏訪大社があることと共に)

 

不思議の国。スワ。

ピ~ンと張りつめた清い空気感を写真から、、、漂うかな~~~~(^^☆彡?

20190918_onbashira19pa~1

ライオン ダンス

‘ライオン ダンス’

【英語と、お絵描きの日】のこと

20190728_raiondans

 

 

 

 

お祭りの獅子舞のことを、ライオンダンスって言うなんて、知らなかったのです。

昨日の【英語と、お絵描きの日】のイベントで、

自分が絵に描いたものを英語で言う時間に、小2のYによって、参加者の注意を集めるという場面がありました。

 

‘‘言語(翻訳)と、日本らしいモノである獅子舞の絵。。とのギャップが面白いのかも

しれませんが、この時間ならではの光景でした。みんな「へ~~~~」と大きな声で

うなずいていました。(^^☆

 

振り返ってみると、6年間学校で習った英語って、あまり役に立っていなくて、ペーパーで覚えた知識って、なんだったの?と思います。

なので、この時間、みなさんがどういう反応があるんだろう?と、興味を持って臨みました。。

 

英語でのそういった発表は、出来ないお子さんもいましたが、昨日コンビを組んだリサ先生は、

淡々と進められて、机間指導でフォローされていました。

小学校に英語の勉強が入ってきた為、なるべく自然に英語に慣れていく事が求められていく

ようです。。

 

そして、お絵描きですが、、、今、子どものうちにしか描けないことを描くのがいいんじゃないかな~~( ^ω^)・・・と、児童画の分野の観点では思うのですが。。。

小学校の展覧会を見に行くと、大人が描いたの

というような風景画などもチラホラ見受けられます。

親御さんが描いているのか、無理に描かされているのか、、(・・?

 

稚拙でもいいから、本人の意欲がにじみ出ているモノがキラキラ光る作品なの

ではないでしょうか?

「あ~、、こんなことをしたんだね~~」とわかる作品。

気持ちまで伝わってくるものが最高。。なのでは?!

 

と、言うことで、、例えば、少年Sが川下り(ラフティング)をお父さんとしましたよ!!

楽しかったよ!!・・・素晴らしい体験です。これを体験①とします。

これを絵にするときに、どんなボートの形で、道具は?

という具体物を描かなくてはいけないので、イロイロに描いてみる!!という手を動かすことが

体験②になります。

(絵画教室では、②をしています)

下書きに色を付けて行くと、だんだんと①が再体験されて、絵が出来ると自分で描いたぞ~という思いと達成感で、体験③となります。(絵画教室では③もします)

上手いとかヘタとかではなくて、体験①⇒②⇒③

をどれだけ味わえたか!!

 

児童画には、その本人の充実具合が出るので、上手く描けばいい、、、ではなくて、

①②③だと思うのですが、、、。

 

上手くなくてはと、親御さんが描く。。。これは体験を奪っていますよね。

①だけでもスゴク有意義!!

②は、、練習という言葉に置き換える事も出来そうです( ^ω^)・・・。

ピアノレッスンなら、何度も同じ曲を練習して、つっかえかえたところを何度も

練習します。

絵画は、、紙に線を引く練習や、指先を使うこと、色を塗ること、目で見て感覚を

養うこと、、など、どこでもできると言えばできそうなので、かえって練習っぽくないです。

 

でも、たくさん絵を描いたり見たりすることで、均衡のとれた美意識が解ってきたり、

ひいては美しい絵は?とか、本当によさのある絵は?とか、個性は?とか考えるように

なっていくので、描かない人との差は出る気がしますが。。。どうでしょうか

上手い作品は、練習(好きで沢山描く人を含めて)で、描けるようになるということで。

(^^)

才能・・・?

ある方がいいけど、児童画は、やっぱり①②③でいいのではないか?

これがないのは、心が豊かになるチャンスをミスミス減らすのでは

 

ということを、再々考えるワタシです。。。。

 

昨日のイベントでは、みんな、沢山質問しながら、ハウツーを体験出来たのではないかな・・?

と思うのですが。。各自に感想を聞いてみたくなっています(“☆彡

 

読んでくださって、ありがとうございました!!

 

 

 

個展の振り返り

sanukifujinokumoneko

【個展の振り返り】

20190601~09・・・坂出駅前のかまどホールにて、個展をすることが出来ました。

準備段階でアドバイスを下さった方、搬入、搬出を手伝って下さった方、

お昼に場所を見ていて下さった方、絵を買って下さった方、足を運んでくださった方、

本当にありがとうございました。

 

ここで振り返りをして、新たに歩んでいく所存でおります。

読んで下さる方に、感謝します。

 

まず、ラッキーだったことは、今回「かまどホール」をお借りできたのが、

2年待ちのところがアキができて、8か月待ちでできたことです。

坂出駅前という地の利もあり、いつかここで個展をしたい。。とぼんやりと

願っていましたが、たまたま友人Sの作品展に行った時に、そのチャンスを

得ることができました。Sにもとても感謝しています。

 

これまで喫茶店での個展はあったものの、40点が並べられる広いアートスペースは

初体験でした。

25年分の作品の中から、今回の「雲・ファンタジーの入り口」というタイトル

に合うものをピックアプし、足りないので何枚か描き加えました。

 

坂出に来てから、空の広さやおにぎり型の山々に囲まれて暮らせたことは、

ワタシには大きなことだったなぁ~と思います。

360度、、空が見える場所に住んでいます。

雨が云うと書いて・・雲。

今日の雲が何を言っているのか空想するのは、散歩時の楽しみでもあります。

 

それらの空想を絵にしてきました。

家の壁に所せましと並べていた作品を、今回、広いスペースに広げてみる事が出来て

思ったのは、

「空想という、頭の中のイメージは、物質化できる!!」ということです。

体感という方がいいかもしれません。。。

 

20190616_shikou38pa~50pa~゚~mojiA

 

 

 

 

タイトル【思考】

その空間(かまどホール)は、長い間、頭の中にあった空想で

出来ていたのです!!(作品という形をとった物質で)

今更ながらですが、ワタシは絵にしましたが、建築家、お料理する人、

小説家、、、モノを造るって、そういうことなんですよね。。。(’’?

 

上記の【思考】という作品は、漠然と

思考⇒沢山沢山⇒上手く言葉にしたり、行動が伴ったモノは物質化できる

というイメージで描きました。

 

これらの作品を現場で、ご一緒に体験して下さった方々から

ご感想など・・新たな刺激もいただけました。

ゆっくり話せた方、話せなかった方・・・空間を感じて下さり感謝しています。

 

絵を買い求めて下さった方からは、その空間がもう一つ拡がっていく事の幸せを思いました。

(絵を求められる事の喜びと共に・・言葉では言えないほどの感謝です。

お陰様でまた個展をできそうな資金にもなりました)

 

反省点」は、体調管理が出来ていなかったことです。

ダウンしてしまいました。。。

搬入時は気持ちが盛り上がっていて、重い物を運ぶのも平気でしたが、

搬出は、片付けも伴う苦手な作業となりました(**;

 

3日間ほど寝込んで、夢の中で(とっても現実的な夢を見ていました)

やっと回復してみて、へろへろしつつ、もしかしてこちら側が夢?、、、と、ちょっと

朦朧として過ごしました。それもメモにカキトメました。。夢の内容も作品のヒントに

出来るといいのですが。。

いつ作品化出来るか、ポシャルのか・・?判りませんが。。

 

また、お気が向かれましたら

‘‘空想のお絵描き’’にお付き合いいただければ幸いです。

 

長い文章を読んで下さって、有難うございました。

 

貴方の‘‘思考’’が、素敵な現実のみのりになられますように♡

 

☆( ^ω^)・・・☆・・・・・・・・☆・・・・・・・・☆・・・・・・・・