ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

木綿の由来

木綿の由来は以前から気になっていたのですが、

愛知県西尾市でちょっとしたお出会いがありました

 

木綿の工房を見付けて覗いていたら話しかけてくださって、見学モードに。。。(^^ゞ

 

伊井直虎の大河ドラマで、ちょうど『木綿を地域産業にしよう!』と言うシーンがあったので、

あ、これか!と、思ったのは、

三河に来たインド帰りの僧侶が木綿の種を蒔いたとかで、

愛知が木綿の先駆けに。

西尾市の‘‘木綿神社’’で、秋には木綿祭りが毎年行われてきたそうです。

 

木綿が伝わる前は、日本人の庶民は麻を着ていたから、選択肢ができて

その僧侶には感謝感謝ですね。 (^^ゞ

 

★写真の看板が気になって、覗いていたのでした。。。。

カッコイイイ木彫りです!!

 

20170524mikawamomen18pa~20170524mikawamomen25pa~2

 

 

 

 

20170524mikawamomen25pa~1

 

 

 

御注文の白いへびの絵

御注文頂いた白いヘビの絵を描くにあたって、Tさんとの話し合いの

中から、「三輪山」というフレーズを得たので、奈良県桜井市の

日本最古の神社「三輪神社」へ。

 

大きなヘビが三輪山にトグロを巻いている・・・そういった構図は、どこかで

見たことがありました。

 

神社関係や日本各地の民話で、龍のお話しは数々ありますが、大きなヘビも

同じ意味を持つ何かの隠喩のようです。

人は、畏れ多いもの、自然の脅威などを、大きな龍や大蛇の形になぞらえて

(形にして)理解しようとしてきたのでしょうか?

 

Tさんとのご縁を頂き、こんなことを考えながら、いざ紙に向かうと、

どうしても、見たことのある現実の蛇を描いてしまいます。

イヤイヤイヤ、もっと大きくて壮大な感じのハズ!

うっすらとインスピレーションは浮かんでいるのですが、絵という「モノ」にしていく

段階で、イメージは、ちがう形になっていくのです。

 

お習字のように、気合でサ~~~~っと描けたらいいがな~~とも思ったり、

転写(頭の中のイメージを)って、できないのかな~?と考えたりもしました。

 

ハウツー。ここからは、どのように?の領域。

画材と、紙、、この3次元の道具のアルことに感謝して、テでセンをヒク。

テ、センヒク。テ、セン、ヒク。の繰り返し。

この繰り返しをしているワタシは、今、3次元に居ながら、2次元の紙の上に

大蛇という4次元妄想世界以上のエネルギー体を描き表わそうとしている。。。

 

色エネルギーの力を感じながらの段階になってくると、ワタシは、もうソコにいない。

でも、いますよね。

無我というか、そんな感じです。

 

イメージが湧く  ー> 下絵を描く  ー>テ、センヒク を、1000回以上。。?

ワタシ何してるのかな?

いつになくそんなことを考えてしまいました。

白いへびがもたらした智慧?だと考えると楽しい。

もう少し頭を使ってみようかな?

 

読んでくださったあなたと、Tさんに感謝します。

m(_ _)m

由来乃山ユキーノは、いるけど、ときどきいません。

 

Tさんに許可をいただいたので、絵の一部をUpさせていただきますね。。。

20170610hebi30pa~1

 

 

 

 

 

 

 

着地天使と、赤ちゃん出産

「着地」という天使が地に降り立つところを描いた作品があります。

「ユキーノシート」と名づけた薄描きのぼんやりしたシートに、御注文いただくごとに

1枚づつ仕上げていくやり方を始めたのが、この「着地」からでした。

 

先月末に、この絵を持って下さっているTさんから「男の子がうまれました!」と、

報告を聞いて、ホッとなっているところでもあります。(少し体の心配がある

妊婦さんだったので)

 

そして、なぜか‘‘出産’’と、この「着地」天使が(偶然?)・・結びついているように(御縁?)

錯覚してしまうのは、、、十数年前に、やはりTさんという別の同姓の方から、依頼されて

描かせていただいた「着地」天使の絵のその後の報告から、娘さんが離婚ー>再婚ー>

出産されて、「着地天使」は縁起がいいからと、何人かのかたをご紹介くださった経緯から。

 

ここ10年くらいを振り返ってみますと、、十数人の所有して下さっている方のうち6割位

が赤ちゃんに関係されていて、、3割位の方は仕事が忙しそう(あと1割の方は?)、、

これは、プラシボー効果なのか、ひょっとして形(構図)に秘密があるのか?、、、と、

気になりだした変人なワタシです。

 

何にも考えず、淡々と描く事に専念する人間になりたい。。とも思いつつこうして、ヒョイと、

考えたり書いてみたりしています。。。そして、ふと、気づくと、先月出産されたTさんと、

ワタシに‘‘ユキーノシート絵’’を描くキッカケ(複写いいのかな~と迷いつつ)を下さったTさんは、

頭文字のTだけでなく、苗字まで、一緒だったと書いてみて気がつきました。(‘‘タ’’がつく

日本にそんなに多くはない苗字です)

やっぱり御縁に感謝しつつ、楽しくて仕方ない、、、本当に仕方のないワタシであります。

 

TさんとTさん、ありがとうございます。

着地天使を持ってくださっている方に、ありがとうございます。

そして、読んでくださっているあなたに、ありがとうございます。

 

「ご縁」や、「縁起物」、「色と形」をテーマに山下由来乃の作品制作はつづくと

思われます。。。ちょっと不思議なこと、へんなことでも否定せず聞いてくださる方

のお陰で、こんなことをちょっと勇気を出して書かせていただいております。(^^☆

 

皆様に幸多かれと祈りつつ、この辺で失礼いたします。m(_ _)m

20151124cyakuchi30pa~ashi~moji

 

 

描きたくなる気持ち

描きたくなる気持ちにならない時は絵を描かない

6歳のH君のお話し。

 

これは、フツーの事だと思うのですが、

彼の幼稚園ではなぜか「絵を描かないH君」と言われたので心配という

お話をお母さんから伺いました。

 

ユキーノアート教室の時は、「ここは描くところ」と思って

来てくれるせいか、H君は嬉々として「怪獣を描きたい」とか、「コウモリを

見たから描きたい!」とか言ってくれますので、お母さんには「Hくんは描くコトは

好きみたいなので、ゼンゼン心配なさそうですよ」とお伝えしました。

 

先日、こんなことがありました。

アート教室にお借りしている88ステージの部屋のガラス戸にスズメが

突進。下に倒れたのをタイムリーに目撃したH君が、

「紙をください!」というので(もう、その日の絵は描き終わっていましたが)

画用紙と鉛筆を渡しますと、ジーーーーっと観察しながら、スケッチを

始めました。

「わぁ!描きたくなってる時なわけね~~~~」と、

その様子を見てジ~~~~ン。な、ワタシでありました。

 

チョコンとした可愛いスズメの絵がすぐに出来上がりました。

 

これで、H君は、どこにいても、描きたい時に描きたいものを描く

事の幸せを手に入れたな!と。。。なんとなくそんな風に思いました。

 

絵は、上手く描けるのもステキなことですが、

自分が楽しんで描けることが最も大切な‘‘お宝体験’’

になる気がしていますが。。。どんなでしょうか?

 

(^^)☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡

 

 

 

 

 

 

 

描いたらわかること

【描いたらわかること】・・・気付かなかった形、大きさ、関係性・・それ以上のこと!

 

小1のSさん、Mさんと一緒に、Sさんがお母さんと手作りしたフェルトの

犬の人形をのスケッチした時のことです。

(頭とカラダの対比が1対1くらいの10cmくらいの身長です)

 

最初Sさんは、頭よりもカラダを大きく描きました。

ワタシは、何気なく「頭が大きな人形やな~・・」と言いましたら。。。

Sさんは人形をしげしげと眺めながらクレパスで、頭をグリグリしながら言いました。

「リリーちゃん(その人形の名前)って、頭がカラダくらい大きい!!

いつも抱っこしてるのに気付かなかった!」

 

7歳のキズキがありました。

 

ワタシ・・「描くと・・どうだった?」

Sさん・・・「いろいろわかる!」

Mさん・・・「大きさもわかる!」

自分が手を動かしながら、気付いたことは大きな体験になるようです。楽しそうです。

その後2人の小1さんたちは、「描くとイロイロわかるね!」「描くとイロイロわかるね!」を連発しながら

リリーちゃんを仕上げていきました。だんだん無口になりながら。。。。

 

2人は、リリーちゃんと一体になっている楽しさを味わっているみたいでした。

 

対象と作者が一つの世界に入った時に、いい表現活動になるようです。

出来上がった絵は、生き生きしていて子供らしい作品になりました。

 

「あ~~~。今日もみんなすごかったな~~~。。。」と、よく思う

土曜日のワタシの88ステージ体験の一部の出来事でした。

\(^^)/

大人のあなたもスケッチをして、モノと一つの世界に入る体験をしませんか?!

 

20170218riri-cyan14pa~

 

☆彡 ☆彡  ☆彡  ☆彡  ☆彡  ☆彡   ☆彡    ☆彡