マヤマヤお絵描きと、陰暦

このエントリーをはてなブックマークに追加

‘マヤマヤお絵描き’という新しいメニューが出来ました。

13日の周期で、起承転結の周期がわかる、マヤ歴のダイアリーの

使い方をおそわったので、個人個人の色や流れ、役割を意識した

発想で、絵を描くといった試みです。

 

ワタシがマヤ歴のダイアリーを付け始めて、9年ほど経ちますが、

13の意味も、1年を13か月で暮らす意味もよくわからないでいました。

以前、陰暦のカレンダーを使っていたこともありましたが、

8月中ごろに、陰暦名を忘れましたが、なんとかっていう

虫が鳴き始める日があって、毎年、その日からリーーーーん、、、とか

コロコロコロ・・とか鳴き始めるのです。

「もしかして、自然って、何か繰り返しのおきて?いやいや

プログラム?イヤイヤ、もっと本当に自然な何かがあるのかも?・・・」

と、好奇心がわいていたこともあり、マヤのダイアリーをつけていったら

見えてくるものあるのかな?と思っていました。

 

が、実際のところ、始めは使いずらくて、フツーのカレンダーで生活をして、

時々変わった出来事があればマヤのダイアリーの方に書き込むくらいでした。

 

そして、何年目かに気が付くと、マヤのダイアリーは、起承転結を4色の色で日にちを

塗り分けてありますが、黄色の日にいいこと・・物事の締めくくりの日が多いのです。

作品が完成した~~~~\(^^)/とか、気になっていたことの答えが出た。とか、

達成感が味わえるような日なのです。。。

 

ということは、、、赤の日に何かを始めればいい!ということ?

赤ー白ー青ー黄

起ー承ー転ー結

4日の繰り返しと、13日の束での 赤ー白ー青ー黄の繰り返し。

 

話が戻りますが、虫が鳴き始めるのも、ダイアリーの赤く塗られた日なの?

という疑問がわきます。。。。自然のプログラミンがあるとすれば?!

(陰暦のその日の偶然か?時間の番人マヤ人のシステムか?・・・どちらも

太陽ではなく、月のめぐりで、時を感じて暮らしている点が似ています)

・・・今年の8月、確認してみたいです。あ、場所によっても虫の鳴く日はずれそうですが・・・

取りあえず、個人的な課題ということで。(^^

 

もう1つ、話が戻りますが、‘マヤマヤお絵描き’では、個人の生まれた日から、マヤの誕生日

をわりだして、銀河の音の番号という1個人に対応する番号と色を出して、そこからイメージを広げていく

という作業をします。

ちまたでは、この秋からはマイナンバー制度を行う話がありますが、こちらのナンバーの方がはるかに

マイナンバー!!ではないのかなぁ。。?と、先日、ウエリナさんという方の勉強会で

実感しました。

 

ご自分のマヤの色や、銀河の音程を調べたくなられましたら、以下のワードで

検索してみてくださいね!(^^v

「マヤ」「13の月」「カレンダー」「コズミック」「暦」「ダイアリー」

○自分の銀河の音程を調べるハコに、西暦で入れます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です