首の思い出

このエントリーをはてなブックマークに追加

FBで、シャンタンさんの記事を拝見。急に蘇った記憶があります。

 

記事の内容は、臨済宗の臨済が、「魂とは?」と問われ、その人の「首」を絞めた話。

 

彼にいくら言葉をつくしても伝わらないであろう「魂」について、一瞬死と向き合う体験を与えることで、

「今ここ!!」を味わう行為に及んだ?

その彼は、分かったらしい。。。今ここに生きていることや、生のありがたさが。

 

私の体験のそれは、学生時代にCIの家に行った時でした。

学際で、バンドにさそわれて親しくなり、家の方向も途中まで同じで、何度か寄り道。

彼のお母さんは、名古屋で服飾デザイナーをされていたせいか、CIは、いつも奇抜な服や、

ファショナブルなステージ衣装風(?)で、通学して目立っていました。

 

ある日CIの家に行った時、1Fでは、美しいお母さんが縫い物をされていて、

2Fの部屋で「描きかけの課題を見せるから」と言って、2Fへ。

(いつも、お母さんのチェックがあって、どこの誰で、父親は何をしているかなど、、聞かれた聞かれた・・・(~~)。。)

共通の友人の話、特に、とんと会わなくなった幼馴染の

Kー君の話を聞けるのは楽しかったし、なるべくそこへもっていったような。。。(あ、話、ズレマシタ)

課題や、発想の話をしていた時、急にCIの手が伸びてきて、、ワタシの「首」に!

「いい発想方法がある!」だったか、

「いい、体験をさせる!」だったか・・・なにか言っていたような。。。?

 

息ができなくなった。

もがいて、「や、め、て、」・・・と言ったか?どうか?・・・(覚えていない)

首が痛い。首が閉まる。息ができない。(そこで、あきらめたような気がしますが・・・)

目の前が、(目は閉じているがありありと見えたのは、、、)テレビの砂嵐状態。

色は、グレー。。。。

CIは、首に当てた手をゆるめない。。。。もがいていたら、

目の前が、「イエロー・グレーの砂嵐」になった。。。横筋模様につぶつぶが並び始めて、、、川?・・・と

思ったら、CIの手が首からはずれた。

 

CIー「どうだった?」

ワタシー「・・・・・・・・・・・・・・苦しいよ!!!!・・・なんで!?」(ゴホッ!ゴホッ!)

CIー「何か見えた?」

ワタシー「・・・・(’ ’ 。о ○ ・・・・黄泉の国・・・・川かなア・・三途の川かも?」

CIー「なんだアつまらん。みんなと同じこというな!!」

ワタシー「・・・・!!(ぶちっ!)」

CIー「貴重な体験が出来ただろう!?」(^^

ワタシー「頼んでないのに、こういうことしないで!!!」(’о ’♯♯♯

 

それ以来、CIとは離れたれたような記憶が。。。

物好きな女友達がやたら仲介役をたのんできたが、

それをきっぱり断れなかったことの方が印象に残っていて、首の体験の方は忘れていた。

スター気取りで、横柄な態度でヘンナ人。服のおさがりをくれたり、やさしさも見せてくれた・・・・

そこに気を許す人は大勢いたんだろうなぁ・・・と思いますが、

けっこう、キ・ケ・ン!

 

もしかしたら、彼は求道者だったのかも知れない。。いや、ただの好奇心だったのか?

ワタシは、黄泉の国の入り口へ行ったのか?

あの時、イエロー・グレーの川のような模様になった砂嵐は「黄泉の国」の隠喩なのか?

死ぬ前に、だれもが渡ると言われる三途の川へ行って、見て来たのか?

あとどのくらいで・・・渡って行けたのか?

もし、渡っていたら、魂が抜けたのか?

 

今、ワタシはこちら側にいる。。。。。泣いたり、笑ったり、怒ったり。日々の感情を味わうのも喜びだな~と、

つくづく思う、今日この頃です。

 

以下は、FBのシャンタンさんの文章の一部です。

 

もちろん、誰かに首を絞められて、

危うく殺されそうになれば、あなたは未来のなかにはいられない。

あなたは過去のなかにはいられない。

あなたは今ここに移る。

その瞬間を取り逃がしたら、危険だ。

このような人に向かって

「内側に深く入ってゆき、自分が誰であるか知りなさい」

と言うなら、それだけで相手は変容を遂げる。

彼はサマーディに入ってゆく。

彼はその瞬間に立ちつくす。

ほんの一瞬でも現在にいることができたら、

あなたは実在を知ったことになる。

実在と遭遇したことになる。

そして、あなたは二度とその足跡を見失うことがない。

精神霊的な感覚とは、あるがままのもの・・

このすべてのあるがままの姿を知ることだ。

これ!

今起きているこれ・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です