マヤ歴のこと

このエントリーをはてなブックマークに追加

時間の番人、マヤ人のお話を聞いたことはありますか?

13の暦というマヤ歴で、自然の流れで暮らしていた人たちです。
日本人の中には、マヤ人からの転生の人が多いと言います。
なので、陰暦(月の暦)が、からだにしっくりくるのではないかと思います。

この頃、山が紅葉して秋が深まってきたな~と思っていたら、はや、師走。
カレンダーが、早すぎます。。。
と、文句を言ってもしょうがないのですが。

マヤのウェーブスペルという流れでは、物語の「起承転結」の
‘転’=‘転回’の‘青’の期間が続いているようです。
ちなみに、起ー赤、承ー白、転ー青、結ー黄、となります。

12月8日から、‘結’=‘黄色い流れ’に入るようです。

起承転結の結びの時。
どんな結末になるのか、楽しみですね!

それぞれが、関わっている関心事の結末!

こんなお話も興味がある方も、ユキーノアート教室にて
リクエストして下さいね!
雑談の多いアート教室しています。(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です