御注文の白いへびの絵

このエントリーをはてなブックマークに追加

御注文頂いた白いヘビの絵を描くにあたって、Tさんとの話し合いの

中から、「三輪山」というフレーズを得たので、奈良県桜井市の

日本最古の神社「三輪神社」へ。

 

大きなヘビが三輪山にトグロを巻いている・・・そういった構図は、どこかで

見たことがありました。

 

神社関係や日本各地の民話で、龍のお話しは数々ありますが、大きなヘビも

同じ意味を持つ何かの隠喩のようです。

人は、畏れ多いもの、自然の脅威などを、大きな龍や大蛇の形になぞらえて

(形にして)理解しようとしてきたのでしょうか?

 

Tさんとのご縁を頂き、こんなことを考えながら、いざ紙に向かうと、

どうしても、見たことのある現実の蛇を描いてしまいます。

イヤイヤイヤ、もっと大きくて壮大な感じのハズ!

うっすらとインスピレーションは浮かんでいるのですが、絵という「モノ」にしていく

段階で、イメージは、ちがう形になっていくのです。

 

お習字のように、気合でサ~~~~っと描けたらいいがな~~とも思ったり、

転写(頭の中のイメージを)って、できないのかな~?と考えたりもしました。

 

ハウツー。ここからは、どのように?の領域。

画材と、紙、、この3次元の道具のアルことに感謝して、テでセンをヒク。

テ、センヒク。テ、セン、ヒク。の繰り返し。

この繰り返しをしているワタシは、今、3次元に居ながら、2次元の紙の上に

大蛇という4次元妄想世界以上のエネルギー体を描き表わそうとしている。。。

 

色エネルギーの力を感じながらの段階になってくると、ワタシは、もうソコにいない。

でも、いますよね。

無我というか、そんな感じです。

 

イメージが湧く  ー> 下絵を描く  ー>テ、センヒク を、1000回以上。。?

ワタシ何してるのかな?

いつになくそんなことを考えてしまいました。

白いへびがもたらした智慧?だと考えると楽しい。

もう少し頭を使ってみようかな?

 

読んでくださったあなたと、Tさんに感謝します。

m(_ _)m

由来乃山ユキーノは、いるけど、ときどきいません。

 

Tさんに許可をいただいたので、絵の一部をUpさせていただきますね。。。

20170610hebi30pa~1

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です