描きたくなる気持ち

描きたくなる気持ちにならない時は絵を描かない

6歳のH君のお話し。

 

これは、フツーの事だと思うのですが、

彼の幼稚園ではなぜか「絵を描かないH君」と言われたので心配という

お話をお母さんから伺いました。

 

ユキーノアート教室の時は、「ここは描くところ」と思って

来てくれるせいか、H君は嬉々として「怪獣を描きたい」とか、「コウモリを

見たから描きたい!」とか言ってくれますので、お母さんには「Hくんは描くコトは

好きみたいなので、ゼンゼン心配なさそうですよ」とお伝えしました。

 

先日、こんなことがありました。

アート教室にお借りしている88ステージの部屋のガラス戸にスズメが

突進。下に倒れたのをタイムリーに目撃したH君が、

「紙をください!」というので(もう、その日の絵は描き終わっていましたが)

画用紙と鉛筆を渡しますと、ジーーーーっと観察しながら、スケッチを

始めました。

「わぁ!描きたくなってる時なわけね~~~~」と、

その様子を見てジ~~~~ン。な、ワタシでありました。

 

チョコンとした可愛いスズメの絵がすぐに出来上がりました。

 

これで、H君は、どこにいても、描きたい時に描きたいものを描く

事の幸せを手に入れたな!と。。。なんとなくそんな風に思いました。

 

絵は、上手く描けるのもステキなことですが、

自分が楽しんで描けることが最も大切な‘‘お宝体験’’

になる気がしていますが。。。どんなでしょうか?

 

(^^)☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡 ☆彡