心にフタ

心にフタ?

ハイ。。。先日、久しぶりに会った友人と、‘‘ここ3か月~5か月くらい体とかしんどくなかったか?’’談義を

しました。

周りの人たちからも、よくそんな声を聞くよね・・としゃべっていました。

あなたはいかがですか?

自然のサイクルが変わってきて、体がついていくのがしんどい感じです。。。(ほんとに?)

私は、教室展など、楽しい事もさせていただき、充実はしていましたが、、なんだか、心の一部が

開いていないような・・?????なんだかヘンな感じ。。。

 

もしかして、、と思ついたのが、7月の終わりに誘っていただき、真言宗のお寺の方の勉強会に参加。。。

「この世は苦しみのベースからスタートする」という知的な内容でした。そんなことはゼンゼン知らなかった

し、考えてこともなかったなと思いつつフタをしました。たぶん、潜在意識では衝撃の出来事。

落ち込みスイッチが入った可能性があります。

ワタシの場合、その後、弟と父の13回忌をやるやらないで言い合いをしたり、手のアトピーがひどくなったり、

胃炎になったりしました。フタをしても噴き出す感じで心の中のモノが出ていく感じもありました。友人にも言いたいことを言っていたり。。。

 

冬至を過ぎて、、、「浄化はおわりました!」と言ってみました。

すると不思議不思議。アトピーも胃炎も、弟の不機嫌も直っていました。

前出の友人の暗示のおかげと、自然の浄化の時期が終わったのか?

 

あなたの調子も良くなっているころでしょうか?

 

2017年は、「和」と「調和」をめざして何とかやっていきたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。

フタを外して、言いたいことを言いすぎたら・・・イエイエ。調和を目指して、口を謹んで

頑張ります!(^^)****それにしても、真言宗、、、空海さん、、、すごいかも?!

死んだらどうなるの?

「死んだらどうなるの?」

これは、長い間疑問に思っていた事ですが、

最近、知り合いの方に薦めていただき、佐藤愛子さんの

「私の遺言」という本を読んで、‘‘答えが得られたな・・’’と

思ったので、書いてみます。

 

その本の内容は、佐藤さん(愛子さんの事をこう描く事にします)

が北海道に別荘を建てたころから変なことが起こるようになり、

(モノが無くなる、東京の家でもガタガタ音がずーーーーっと続くなど)

30年間苦しみつつ、途中、青森のイタコの方や霊能者に介在してもらって、

知ったのが、ご先祖のアイヌ民族への侵略など開拓民としての振る舞いに対する

憤慨など。

死後、人は、3次元から、4次元幽界の階層の重なりの世界へ身を無くして移動。

4次元の上中下が何階層あるのかは?

行いや、心によっては、5次元・・その上も、行くところは、様々。

そういった、行くべきところに行けていない霊の意思表示としての音や、所業

に対するプロの技。。。ホ~~~~と感心したり、驚いたり。。。。((((* ̄0 ̄)/ オゥッ!!

 

佐藤さん、最近は問題解決されて、さっぱりしたお顔で、

新作をどんどん書かれているご様子。(新聞で拝見)ハードルを乗り越えた方の

清々しさが感じられます。

また読んでみたいな、っと思っております。

 

この文章は、佐藤愛子さん「私の遺言」新潮社

を読んで書きました。